企業サイトのリニューアルに最適化されたCMS : CROSS STEP(クロスステップ)
湘南発ウェブマガジン BRISAは、CROSS STEPで運用されています。

BRISAウェブサイト

ウェブマガジンを、サイト制作の負荷を極力かけずに創刊・運用したい。
編集スタッフだけで、自由に更新したい。
とはいっても、ブログ系CMSでは物足りない。
誌面のレイアウトやクリエイティブには、徹底してこだわりたい。

そんな、一見矛盾するご要望を
CROSS STEP が実現します。




CROSS STEPはブログベースのCMSや、自由度ばかりを追求したCMSではありません。
ウェブマガジンの制作にも最適化された完全自社開発の国産CMS

しかも1ライセンス60万円〜の低価格でご提供します。

CROSS STEPは「コスト削減」と「スピード立ち上げ」を同時に実現する合理性と
様々な要求に「開発レベルから対応」する柔軟性を兼ね備えています。

従来の面倒なウェブ制作スキームから解放された、スムーズなウェブサイトの制作・運用を実現しましょう。

ウェブマガジンの制作事例としては、ブリッサをご覧ください。
その他、CROSS STEPの採用でリニューアルを成功させた3つの実例をご紹介します。
実例:クライアントWeb担当者が直接再編集させるリニューアル
工数・コストの削減と3000ページの再構成を同時に実現。
長年増築を繰り返してきて、膨大なドキュメントがたまってしまったウェブサイトのリニューアル。これまでならばWord文書に原稿を再構成し、サイト仕様書を作成、制作会社に依頼という制作フロー。膨大な社内工数と外注コスト、制作期間が見込まれる。どう考えても面倒過ぎる。

そこで既存ウェブの文書を、広報担当者が直接CROSS STEPの編集画面上で再構成・ 追加執筆。制作会社がテキストを編集するのではない。まるでWord文章を編集するかのように、Web担当者が直接意図を反映してゆくのだ。

仕様書などの中間制作物を一切排除し、文書にまとめるだけの手間がコンテンツの再構成へと繋がってゆく。

その結果、従来であれば発生したはずの工数と制作コストを削減しながら、クライアントWeb担当者が求める3000ページのサイトリニューアルが1ヶ月で実現!

リニューアル成功者からのコメント!

V!「わかりやすい管理画面で、自分で手を加えられたのが大きかったですね。1ページずつテキストの書き直しをして、制作会社へ指示を出していたら、3000ページなんて絶対終わらなかったと思います。」(インターネットスクール・Web担当者)
制作会社に都度指示を出すのでは無く、Web担当者自らが手を加えるリニューアル。Web担当者の意図をサイト上に反映させる最も有効な手段であることは言うまでもありません。
想定外の事態にCMS開発レベルから対応するサイトリニューアル
全自社開発CMSというアドバンテージ。
10サイトを同時にリニューアル。しかもタイムリミットは1ヶ月。

このリニューアルの命題はどうやって量産体制を確立させるかにあった。旧サイトでは1サイトあたり100ページにも上るため、新サイトで新規に制作しなければならない素材は、タイトル画像だけでも優に800を超えていた。どんなに効率化されていようと最後にCMSを動かすのは人の手。800を超える画像を一定のルールで正しく落とし込んでゆくのは至難の業。このままではミスは避けられない。最後のチェック作業も一苦労だ。

そこで、CROSS STEP開発エンジニアが動いた。
この難題を解決する為のプログラムを急遽作成したのだ。

膨大な画像の挿入や、リンク切れのミスが無いようチェック可能なシステムをCROSS STEPに実装。ヒューマンエラーを徹底的に排除したのである。想定外の状況でも、開発レベルからCMSのシステムに対応することで、効率的な量産体制が組めた実例である、

リニューアル成功者からのコメント!

V!「困ったときの対応の早さと問題解決力はさすが自社開発、という感じでした。もしも既存のCMSで制作会社へ依頼していたら果たして間に合ったかどうか。コストや納期のことを思うと今でもヒヤっとします(苦笑)」(専門学校・Web担当者)
開発者レベルでどんな状況にでもスピーディーに対応出来ること。既存の外部CMSではプラグインの開発が追加要件となり、工数と期間は増え、結果的に追加コストもかさんでしまうことでしょう。
フレキシブルな制作体制の実現が可能にしたサイトリニューアル
デザインとコンテンツを分離したスピーディーな制作スキーム。
総ページ数が500を超える、膨大なドキュメントを抱えた学術系サイトのリニューアル。決まっているのはトップページのデザインのみ、他は全て未定。納期は2ヶ月後。当然、学術論文の移植は一言一句間違えてはならないし、文字サイズからレイアウトまでクライアントチェックは必須。

通常ならばデザイン→コーディング→コンテンツ移植の順番で進めるプロセス。この規模では2ヶ月ではまず完成することはあり得ない。代理店担当者も困り果てている様子だ。

そこでドキュメントの移植作業と、デザイナーによるトップページ以外の制作を同時スタート。

デザインとコンテンツを分離して作業できるCROSS STEPならではの芸当で、とにかく完成したコンテンツからクライアントが随時確認しながら進められる完全分業体制を整えた。

並行した各部門の全ての作業が終了したとき、納期通りサイトは完成。タイトなスケジュールの中、リニューアルを結実させたのは、フレキシブルな制作体制だった。

リニューアル成功者からのコメント!

V!「デザイン・テキストの校正と、クライアントへの確認をこまめに出来たのが勝因だったと思います。クライアントの無茶な要求にもCMSなら対応が素早く、本当に満足しています。」(広告代理店・制作部)
リニューアルに必要な作業を同時進行させるという、あたらしいウェブサイトの制作スキーム。それが可能になるのも、デザインとコンテンツを分けて考えるというCROSS STEPの設計思想が生きています。
arrow
徹底した合理化とスピード化が実現する、理想的なサイトリニューアル。



CROSS STEPについてさらに知りたい方、実際に触ってみたい方はこちらをクリック!
CROSS STEPについてさらに知りたい方、実際に触ってみたい方はこちらをクリック!



中小企業〜大企業向けリニューアル、1ライセンス60万円〜の低価格でご用意しています。

まずはお問い合わせください。
CROSS STEPスペシャリストが、理想的なリニューアルプランをご提案いたします。